政治と法律の対話

混迷する時代の羅針盤を探して

 

桜の花も咲き、桜の花も少しずつ開くようになってまいりました。皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素より大変お世話になっております。

 さて、このたび、「政治学」と「法学」の融合による新たなる知見の獲得を目指し、日本政治法律学会を設立する運びとなりました。現在、我が国、および世界の現実は混迷の度合いを深めているといわれます。そして、現実が混迷している以上に、「政治学」も、「法学」も、羅針盤を失い、混迷の時代を迎えているといわれます。そうした時代にあって、本学会が、一筋の理解の系(Leitfaden)を示す一助となることが出来ましたら幸いです。

 日本の法学部における教育は、諸外国にと比べて「遅れ」ているという批判がなされることがあります。それは、19世紀後半のドイツ国家学の影響を受け、政治学と法学が未分化で、同じ学部の中で教えられているということに批判の対象があります。現在、諸外国においては、通例、政治学は社会科学部ないし政治学部、法学は法学部とそれぞれ異なった学部で教育されております。しかし、政治学と法学を同じ学部で教えることは、果たして「遅れ」たあり方でしょうか。むしろ、政治という政策の「過程」のみを対象とする学問のみではなく、法律という立法の「制度」をも視野に入れて、教育体制が組まれていることは日本の誇るべき独自の特徴を示しているのではないでしょうか。本学会は、こう

 した「過程」と「制度」の融合により、政治や法律を理解する新たな視座を将来にわたって構築していくことを目標としております。

こうした考えの下、これまでは「政治学」は個々の政治学領域に細分化され、「法律学」も、また同様に個々の法領域に細分化され、お互いにあまり接点がありませんでした。そうした接点のなかった学会においても、政治学と法学を融合するという視点から、日本政治法律学会は設立されました。本学会の目標とするところに関しては、より詳しくは「日本政治法律学会の設立に向けて」をご参照いただけましたら幸いですが、主に政策の「過程」をその分析対象とする「政治学」と、法にまつわる「制度」をその分析対象とする「法学」は、日本においては、通例、同じ学部に研究者が属し、同じ学部で教育を行ってきたわけですが、その個々の学問的貢献、知見は、必ずしも共有はされてきませんでした。成立までの「過程」の理解なくして、成立した「制度」の理解はあり得ず、成立した「制度」の理解なくして、次なる成立を目指す「過程」の理解は存在しないといえるのではないでしょうか。

 純粋に、学問的な理論的な議論のみではなく、その「過程」や「制度」にまつわる多くの要素を、実践的に理解することが、この混迷の時代に求められているといっても過言ではないと考えております。そこで、研究者のみならず、現実の「政治」や「法」に携わる政治家、行政官、市民、そしてジャーナリストの方々とともに、多くの知見を集めて、新たな次元を切り開く試みをなしたいと存じます。

 2018年6月2日、3日に、日本大学において行われます日本政治法律学会2018年度春季研究大会におきましては、研究報告のみならず、実践的な学会であるための様々な工夫を行っております。

政策を実際に作成する政治家の中では、6月2日(土)におきましては現職の法務大臣であらせられます自民党の衆議院議員の上川陽子先生に、3日(日)におきましては先の衆院選で大躍進を遂げた立憲民主党代表であらせられます衆議院議員の枝野幸男先生に、それぞれご講演賜ることが決定しております。また、学会賞には長年、報道の現場から、警世のメッセージを発信してこられた中日新聞社の元東京本社論説主幹、元専務取締役東京本社代表の宇治敏彦相談役東京本社特任論説委員が受賞され、ご講演を賜る予定です。

 さらに、日本の政治学・法学のこれまでの歩みと、将来の学問の在り方をつなげるという意味で、政治学・法学の発展に貢献された、多くの高名な研究者の方のご参加も予定されております。特に本学会では、専門的な各学問領域の学会の理事長を経験された学会顧問の御登壇もございます。いくつかの例を挙げますと、2日(土)におきましては、「21世紀新時代の展望と課題」と題しまして、北欧地域研究の岡澤憲芙早稲田大学名誉教授、行政学の中邨章明治大学名誉教授、比較政治学の河田潤一神戸学院大学教授、公共政策の新川達郎同志社大学教授から、それぞれの学問領域の現在の位置と、現代の課題に関してご報告を賜ることとなっております。

 研究者のみならず、政治家、ジャーナリストの方々の参加をもちまして、混迷する現代の羅針盤を探して、その理解に少しでも近づいていきたいと存じます。日本、および世界の「政治」の過程、および「法」の制度に関心のある方の多くの参加を期待しております。日本大学でお目にかかれたら幸いです。

 

20183月吉日

日本政治法律学会

 理事長 白鳥 浩